ご挨拶

公益社団法人
日本プロゴルフ協会会長倉本昌弘

2017年には、米国で3,400チーム42,000人の子ども達がPGAジュニアリーグに参加、オフィシャルアンバサダーとしてローリー・マキロイ、リッキー・ファウラー、レクシー・トンプソン、ミシェル・ウィーなど知名度のある選手も協力をしており、ユース層、保護者、施設運営者を広く惹きつけている事業となっています。

日本におけるジュニアの競技環境は、個人レベルでの競い合いを目的としたものが多く、これにより様々な弊害も生まれております。
このプログラムによりジュニアゴルファーのコミュニティが生まれ、本来のゴルフの楽しさを体験してもらい、素晴らしいゴルフを継続してもらうことを願うものです。